アーユルヴェーダ ボディ アビヤンガ

コクアプラスのこだわり

アーユルヴェーダでは、オイルを使ったマッサージを「アビヤンガ」と呼び、健康のために毎日行うことが良いとされています。
そして何より大切と言われているのが、オイルです。
アーユルヴェーダで使われるオイルは、セサミオイルやココナッツオイルに薬草やミルクを煮込んで作ります。完全にオイルのみになるまで煮込こむ工程があるので、時間がかかり薬草の量もたくさん必要になる、貴重なオイルです。
アーユルヴェーダオイルは体質や使う用途によってたくさんの種類があり、一人一人の体質や今の状態にあったものを使います。当サロンでは体質診断を行い、知識あるセラピストがお選びいたします。
ハンドテクニックも体質に合わせることが重要です。当サロンの熟練のセラピストならではの、とろけるようなマッサージを堪能してください。

アビヤンガ

アビヤンガではオイルを温め、たっぷりと体に浸透させながらマッサージをします。アーユルヴェーダの薬用オイルは約4分で骨まで浸透すると言われており、浸透したオイルはアーマと呼ばれる体内の毒素を溶かし出します。たっぷりオイルを浸透させアーマを溶かした後、ハーブ蒸しで発汗することで体内の毒素を排出します。

ハーブ蒸し

コクアプラスのハーブ蒸しは従来の「よもぎ蒸し」とは違い、強い熱さを感じたりすることなく快適にお受けいただけます。
こだわりのハーブは飲み物として飲めるクオリティのハーブをたっぷり使用。20分から30分で体の芯から温まり、無理なく発汗することができます。ハーブの効果で美肌効果も望めます。
ハーブはデトックスに特化したハーブを3種類のブレンドでご用意しました。香りのお好みや体の状態でお選び頂けます。

監修 水野香織(アユルダ代表・アーユルヴェーダ講師)

水野香織

広告代理店勤務の後、Dr. ニーマル・ラージ・ギャワリ師が運営するヨガスタジオのマネージャーを務める傍ら、ヨガティーチャートレーニング、アーユルヴェーダライフスタイルカウンセリングコースを修了。
その後、世界中でヨガティーチャートレーニング等の通訳を11本務める。南インド・ケララ州のアーユルヴェーダセンターGreens Ayurなどで習得した調理技術や知識を生かし、アーユルヴェーダ料理のクッキング教室、出張料理、イベント、レクチャーなどを開催。
2015年に満を持して1年限定のアーユルヴェーダレストラン「Ayurda」をオープン。東京と名古屋を中心に料理教室、アーユルヴェーダ講座を多数開催。
プライベートカウンセリングや店舗のメニュー監修も行う。
近年は南インドに毎年通い、ケララ在住のスワミ・ゴールカナート師からアーユルヴェーダを学ぶ。著書に『ゆるレシピでからだクリーニング』他、雑誌掲載多数。

アユルダホームページ

メニュー

 ※表示価格は全て税抜きです。 

オプション