ブログ

インドで本場のアーユルヴェーダを体験


少しの間お休みをいただき、インド・ケララ州で本場のアーユルヴェーダを学んできました。

私は今回3度目のインド。今回は水野香織先生とともにゲストをご案内、2週間のパンチャカルマ浄化法を受け、アーユルヴェーダセラピストコースを受講しました。

アーユルヴェーダは5000年以上前、南インド・ケララ州が発祥した伝統医学。現地には治療を行うアーユルヴェーダ ホスピタルやショートステイで受けられるアーユルヴェーダ リゾート、アーユルヴェーダ 薬局などがたくさんあります。

今回は自然豊かなアーユルヴェーダリゾートで本格的なパンチャカルマが受けられる『Somateeram』に滞在し、自身の身体の治療と学びを深めました。

パンチャカルマとは、直訳すると『5つの浄化法』。身体に溜まった汚れや毒をアーユルヴェーダの薬やオイルマッサージで浄化し健康に導きます。

施設のドクター達。毎日ドクターの診察を受け、トリートメントを処方されます。
私の担当セラピスト。
2人でマッサージやハーブのトリートメントを一生懸命やってくれます。

パンチャカルマトリートメントは簡単なものでも1週間続けて行います。日本の感覚だとオイルマッサージを毎日受けるなんて贅沢!と思いますが・・。毎日行うことで、どんどん体が反応し変化します。

ほとんどの方がはじめの3日ほどで好転反応が出て、皮膚の湿疹、目が腫れたり、肩の痛みがひどくなったり、感情も溜まっていたものが出てきたり。はじめ少し驚きますが、経験豊富なドクターとセラピストに委ね、自分の心身と向き合う時間を持ちます。

そして好転反応の時期が過ぎると、体はどんどん回復へ。

ここで食べる食事は完全ベジタリアン、スパイスも少なく内臓に負担をかけない
ナチュラルなインド料理。

アーユルヴェーダでは食事も治療のひとつ。自分の体質や状態に合っていて、消化に負担をかけないものを食べて、内臓からも元気を取り戻します。例えば炎症が起きている場合は辛いものや熱性のものは控えるとか、むくみや太りやすい人は重いものや乳製品は避けるなど。

毎日トリートメントと体質にあった食事を続けたことで、帰る頃には2回りほどスリムになりました。内臓や肌の調子も良くなり、頭と心のいらないものが無くなり、本来の自分を取り戻した感覚があります。

処方されたアーユルヴェーダの薬。全て薬草などでできています。

このように素晴らしい効果をあげるアーユルヴェーダ。でもインドはちょっと遠いし難しい・・・。

日本でもアーユルヴェーダのオイルマッサージを受けたり、自分の体質を知り食生活を気をつけるなど、アーユルヴェーダ的健康法はたくさん実践できます!私自身、日本での生活を変えることで7キロの減量に成功しましたし、体質も徐々に変えることができています。まずは自分の体質を知ることからやってみると、今までの生活の仕方に問題があることが分かったりします。

当店のアーユルヴェーダオイルマッサージ(アビヤンガ)では、まずは体質を診断します。その上で今の状態に合ったアーユルヴェーダオイルを使い施術を行います。もちろん食事や生活の仕方のアドバイスも。

内側からの健康、いらないものを手放して心身を軽くするアーユルヴェーダ。ぜひ体感してみてください!

アーユルヴェーダボディメニュー