ブログ

春の食事

先日、私のアーユルヴェーダの先生である水野香織先生のお宅で、お料理をさせていただきました。

レシピは香織先生に用意して頂きました。

☆筍とジャガイモのカレー

☆ミックスダルスープ

☆菜の花のトーラン(スパイス炒め)

☆バスマティライスと日本米のミックスライス

春はデトックスの時期と言いますが、アーユルヴェーダでも春は冬に溜めたものを排出する食事やケアをします。

アーユルヴェーダでは食べ物を“味”で分類します。甘味・酸味・塩味・辛味・苦味・渋味の六味。

この中で春のデトックスに必要なのは、苦味と渋味と辛味の3つです。

春に出るお野菜には苦味があるものが多いですよね?季節のお野菜をいただくことで、その季節に必要な栄養を摂ることができます。

今回のメニューには、苦味のある菜の花とタケノコを使っています!スパイスは噛むとピリッと苦味が効くフェヌグリークシードや、デトックスに効果的なクミンを使用。

お米はインドのバスマティライスと日本米をブレンドしています。

バスマティライスはとても軽いので、消化に負担をかけにくいお米です。軽いので汁気のあるカレーやダルスープとの相性が◎

このように、日々の食事で季節のカラダのバランスを取ることができます。

さらにマッサージや発汗でデトックスするのがGOODです!ぜひこの季節にご利用くださいませ。スッキリしますよ!(^^)

当店のおすすめデトックスメニュー

アーユルヴェーダ・ハーブ蒸し

オリジナル・筋膜リンパ

水野香織先生

アユルダ・ホームページ

クックパッド・レシ